ブクデリピックアップ

女性にとって働きやすい会社は本当に少ない

【タイトル】 女子のキャリア―“男社会”のしくみ、教えます (ちくまプリマー新書)
【著者】
海老原嗣生/著
【出版社】 筑摩書房
【定価】 907円
【出版日】 2012年10月1日発売
【NDC】 366.38
【内容紹介】 専業主婦が姿を消し、共働きがスタンダードになる日本社会。しかし、女性にとって働きやすい会社は本当に少ない。そんな中、女性のキャリア確立のために「どんな観点で会社を選べばいいのか」、「長く働き続けるにはどう立ち回わればいいのか」、「ハピキャリでいくかバリキャリでいくか」、「男社会の現実とその仕組みを見通す力」など、雇用のカリスマが伝授。